昭和29年に発足した「大阪医療社会事業研究会」を前身として設立された「大阪医療社会事業協会」は、平成18年「特定非営利活動法人大阪医療ソーシャルワーカー協会」として認可されました。当法人は、『誰もが安心してよりよい医療を受けられるよう医療ソーシャルワークの分野から円滑なる保健・医療の遂行を図るための事業を行なうことにより、もって医療福祉の増進に寄与する事』を目的としています。

 

学習会
医療ソーシャルワークに関連する様々な情報や時事問題をテーマに、各分野の専門家を講師に招いての勉強会や会員による研究報告などの現任研修の場として開催しています。

医療社会事業従事者講習会
当協会会員をはじめとして、毎年秋頃に開催しています。シンポジウム・パネルディスカッション・講演などで構成されます。

初任者研修
経験年数の浅い会員を対象に、医療ソーシャルワーカーとして必要な倫理・知識・技術を習得するために研修を行なっています。講義・演習は現任医療ソーシャルワーカー・大学教員などが担当し、事例検討会、施設見学、一泊研修もプログラムに含まれます。

中堅者研修
初任者研修後の継続的フォローアップ研修の場として実施しています。

情報の提供、協会活動の広報を目的に広報誌を発行。毎年、協会の活動実績・会員の研究成果をまとめた広報誌特別版を会員に配布しています。

大阪社会福祉4団体連絡会・法律家との交流を行い連携して活動を展開しています。

また、東日本大震災での支援活動を続けるなど社会貢献事業にも力を入れています。

新着情報医療ソーシャルワーカー協会概要研修開催案内・申込入会のご案内事務所利用のご案内変更および退会手続きリンクお問合せ